将来にわたって長く仲良く暮らすために

死の悲しみ

人が一人亡くなるということは本当に大きなことです。悲しみに暮れる中でも葬儀などの準備などしなければいけないことも多く、悲しんでいる暇もないほどに感じるかもしれません。さらに葬儀が終わって全てが終わるわけでもありません。

その後は、相続に関する問題が生じます。誰もがあまり手をつけたくない問題ですが、それでも実際問題として相続に関する点はきちんと扱う必要があります。この相続に問題を円満に終わらせるにはどうしたら良いのでしょうか。

まず、相続に関しては非常に複雑に感じるかもしれませんが、ポイントは限られています。それは、相続人は誰かという点、財産は何があるか、そして相続税はどれほどになり、どのように納税するか、です。

このポイントをきちんと押さえておくなら、円満にスムーズにこの問題を解決できるでしょう。

相続税申告や分割は税理士と弁護士へ

しかし、もちろんこの問題はプロのアドバイスを求めながら進めていく方が良いでしょう。つまり弁護士のサポートです。そもそも相続人は親族関係者が話し合って決めるものではありません。法律で相続人は決められています。また、その割合もです。

ですからそれらの法律に詳しい弁護士のサポートは不可欠と言えるでしょう。

第三者の専門家によるアドバイスは関係者が納得して話し合い決定する上で、大きな力を発揮するに違いありません。さらに生前にできる準備も多くあります。人が急死した場合は仕方ないとしても、そうでない場合はできるかぎり前もって弁護士に相談しておくのは良いことです。ある程度の年齢になって、子どもに残せるほどの財産がいくらかあるのであれば、後々に子どもたちが円満に仲良く生きていくためにも、生前に財産の分与について弁護士に相談しながら決めておくのは大切なことです。

もし、どんな弁護士に相談したら良いか分からない場合には、インターネットで遺産相続に強い弁護士を探してみることもできます。家族が将来にわたって仲良く暮らす上で弁護士は力になってくれるはずです。

また、相続税申告は弁護士はできませんから、相続税申告のときに相談できる税理士もしっかりと関係を結んでおくことが重要です。