家族がずっと仲良く暮らせるために

遺産争続?

遺産”争続”なんていう題のドラマがありましたが、遺産の相続にはさまざまなトラブルが起きることがあります。誰もそんなトラブルには巻き込まれたくありませんし、自分の親族に限ってと思っていると、意外とそんなトラブルに突然巻き込まれてしまうものです。さてそんなトラブルに巻き込まれてしまった場合、トラブルを解決しなければならない場合、あるいは前もってトラブルを避けるためにはどうしたら良いのでしょうか。

遺産相続で揉めたら弁護士

やはり法律のプロである弁護士に頼むのが最善です。何故なら、遺産の相続に関しては法に則って問題を解決する必要があるからです。しかし、遺産相続に関して弁護士に相談するとかなり費用を支払わなければならないのでは、と心配する方も多いでしょう。

遺産に関する問題について弁護士に相談する際には、基本的には着手金と報酬、という形で分けて支払うことになります。最初に支払うのは着手金ですね。

ただ、弁護士費用はそれぞれの弁護士が自分で設定する必要がありますので、まずは弁護士に気軽に相談してみるのが一番良いでしょう。まだ人が生きているうちに遺産の相続について話したり相談するのは卑しい感じがして、気がひけるという方がほとんどだと思いますが、しかし実際にトラブルが起きてからではより一層嫌な思いをしたり、大きなストレスを抱えることになります。それで、出来るならトラブルにならないために弁護士に前もって相談しておくのは賢明でしょう。

また遺された家族のことを考えて、きちんと遺言書を作成しておくのも大切です。子どもや他の人が遺言書を作っておくことを勧めることは難しいですから、できれば家族がこれからもずっと仲良く暮らしていけるために自分から進んで遺言書を作成するのは良いことではないでしょうか。法的に効力のある遺言書を作成する点でも、弁護士はサポートをしてくれます。遺言書作成サポートについても弁護士事務所ホームページでは費用が記されていますので、確認してみると良いでしょう。