まずは気軽に相続弁護士相談を

遺言書が重要!

人が亡くなる時に発生するのが相続です。この相続は被相続人が亡くなった時点で自動的に発生するのですが、相続が開始した時点で相続人が複数いる場合には勝手に遺産を処分することはできません。遺産分割を行う必要があるからです。それで相続においては誰が何をどのように相続するかについて相続人が集まって話し合う必要があります。この話し合いがスムーズに行けば良いのですが、なかなかそういかないのが現実です。さてそこで重要になってくるのが被相続人が残した遺言書です。

この遺言書に相続の仕方について記されているならば、その遺言書の内容は民法の規定よりも優先されます。それは被相続人の意思を優先するという考え方があるからです。もし遺言書がない時には、民法に記された相続の規定に従って分割されることになります。ただ、時には遺言書に内容があまりにも偏っていたり、一部の相続人に著しく不利益な内容になっていることがあります。

遺言書がトラブルになることも

そのような場合には、不服申し立てをすることができます。さて、この手続きの過程で大切なことはプロの助けを得ることです。それは弁護士です。弁護士は遺産分割に関する法や事例に通じています。そして、トラブルを未然に防ぐためにどうすれば良いか、あるいは現実にトラブルが起きてしまった場合、どのように解決すれば良いのかを法に基づいてアドバイスしてくれます。また調停になったときには弁護士の助けが必要となります。それで実際に相続の必要が生じ、相続人が幾人かいる場合にはまず相続人が集まって話し合う遺産分割協議を行うことが大切です。場合によってはその話し合いの場に弁護士にいてもらうことができます。この相続人同士の話し合いで遺産分割を決めることができれば、その話し合いの結果が優先されます。ただ、弁護士に相談することに対して腰が引けてしまうと感じる方も多いでしょう。現在、多くの弁護士事務所ではメールフォームなどでのお問い合わせ、また初回の1時間ほどの無料相談などを行っています。それで、気軽にそうした無料相談を利用してみると良いでしょう。