相続で何故弁護士に相談するの?

INA86_netwarkkk_TP_V

相続でトラブったら?

相続の問題って誰に相談したら良いの?という疑問を持つ方は多いです。実際、相続の問題で助けになってくれる士業には実に様々な士業があります。

税理士、不動産鑑定士、司法書士、行政書士などがあげられます。では、弁護士はどんな時に助けになってくれるのでしょう?相続の問題で弁護士、と聞くとどうしてもトラブルの解決、調停や裁判といった事柄を連想するかもしれません。しかし、実は弁護士はこの相続の問題に関して言えば、最も相談すべき存在ということができるでしょう。

というのは弁護士はやはりあらゆる紛争を解決する専門家だからです。ですから、逆に言えば、このままいけばどのようなトラブルが起きやすいのか、そのトラブル、紛争を避けるために今からどのような準備ができるのかを具体的にアドバイスすることができます。それも法に基づいたアドバイスをすることができますので、非常に心強い存在ということができます。もちろん、この相続の問題を扱う上では他の士業に携わる専門家との連携も必要になります。

士業と連携できる弁護士へ

ですから、できればそうした他の士業と普段から連携して仕事をしている弁護士事務所であれば心強いでしょう。ちなみに相続に関する紛争解決や分割問題に関する調停などは弁護士しか扱うことができませんので、やはり弁護士に相談することは重要です。できれば、相続の問題が起こってからではなく、事前にその芽を摘むことが大事ですね。たとえば、遺言書の作成にしても法的に有効な遺言書を作成しなければ、かえってトラブルや紛争の元となりかねません。こうした具体的な部分で弁護士のアドバイスは確実に助けになるでしょう。弁護士事務所によっては、遺言書作成の初回相談料は無料で相談に乗ってくれます。ですから、まずはそうした事務所に予約をして気軽な気持ちで相談してみると良いでしょう。相続の問題は1人で悩んでいても解決しません。それで、この問題について頭をよぎり始めたならなるべく早めに相談しましょう。