Skip to content

相続税申告を税理士に相談することについて

相続税申告

死は誰にも平等に訪れます。そして、1人の人の死は多くの悲しみと問題を引き起こします。ですから少しでもその悲しみを和らげるためにも、前もって死を予測して準備しておくことは非常に大切です。

人の死を予測して準備するなんて、と思われるかもしれません。しかし、人の死をきっかけに数多くのトラブルを抱える方がよっぽど人にストレスを与えます。

さて、ドラマなどでもよくストーリーとして取り上げられるのが、遺産に関する問題です。遺産とか相続という言葉を聞くだけで、何となく重い気持ちになるかもしれません。ただ、実際問題として人が亡くなる時にその人の所有物が遺されることになるわけですから、遺産相続に関した問題をきちんと話し合っておくことは重要です。

人の死の間際に周りにいる人は、冷静な判断や冷静な話し合いをするの難しくなります。そいういうこともあり、前もって話し合っておくことは重要なのです。さて、実際に人が亡くなるとしなければいけないことは、遺産分割と相続税申告です。

もちろん、これらを一般の人が行うことができないわけではありませんが、かなり複雑な仕事をしなければなりません。

相続税申告について考えると、人が亡くなってから10ヶ月以内に相続税を計算し税務署に申告する必要があります。これは通常、税理士に任せる仕事です。

一般の人が計算することも出来なくはありませんが、かなり複雑なため、よほど時間がある人、そして計算が好きな人でなければ難しいでしょう。でも、税理士に任せるとそれだけでまたお金がかなりかかるのでは、と心配される方もいるでしょう。

税理士の報酬は税理士会で決めている基準がありますのでその点は心配する必要はありません。税理士事務所ではこうした質問に対して答えてくれるはずです。もし、知り合いや近所に税理士事務所があるようであれば、気軽に聞いてみると良いでしょう。実際に相続の問題で仕事をお願いした時にはどれくらいの費用がかかるものなのか、大まかに聞いてみることもできます。

また税理士は、街の相談役みたいな感じで地域に根付いている事務所が多いです。しかし最近は、特にカタカナ名の事務所(例えばなんとかタックスとか、なんとかナビゲーションとか)も増えてきて、それと同時に若い活気と実力がある事務所も増えてきました。それぞれ良い点、悪い点もあると想像されると思いますが、一番熱心に見るべき点は果たしてどこでしょうか?その1つはサイト内における当社の考えや理念のページではないかと思います。どういう考えが乗っていればいいのか?というのは実はありません。

それぞれがそれぞれの理念を大切にしそれがただのことばで終わらず実際にできているかを見るのは仕事を頼んでみなければ分かりません。全然理念通りできていないんではないかと感じる事務所も少なからずあるかと思います。やはり大切なのは内容もそうですが字数と熱かなと私は思います。溢れる熱、そしてはみ出していくような字数の雨。そこを見ることでその税理士事務所が税金に対してどういう態度なのかが分かるのです。意外と理念ページって誰も見ないと思って疎かにされがちなんですよね。そこをきっちりできる細かさが税理士には求められるのではないかなと感じます。